宇多田ヒカルのライブに行ってきました。

宇多田ヒカルのライブに行ってきました。

 

ずっと前から好きな歌手ですが、

めったにライブをしないのです。

前から次にライブをするなら観に行こうと決めていました。

 

なので、こういうときのために

チケットぴあで

お気に入りのアーティスト登録をしています。

チケットぴあ

 


ときどきしかライブをしないアーティストは、
絶対、お気に入り登録して、
アラームを受け取るべきだ。

 

さてコンサートですが、

デビュー20周年ということもあり、

・ファーストラブ

・オートマティック

・カラーズ

・サクラドロップス

など往年のシングル曲も歌ってくれて感動しました。

 

物販は当日並ばずに買えました。

当日の服装に悩んだのですが、

コート着たままでもいいくらい、

普段の私服で大丈夫でした。

 

お客さんの年齢層が非常に広く、

国籍も幅広かったように思います。

 

さライブにあたって、チケットの申し込みから気づいた点があったので記事にしてみようと思います。


・いい席が欲しいならCDを買うのみ

ファンクラブがありません。

モバイル会員などもありません。

アルバムCD購入者のチケット先行申し込みはあります。

CD先行が最速先行となるので、

いい席を当てたかったらCDを買いまくるしかありません。

 

・CD代が高いなら、買ってすぐ売る

先行チケットのためにCDを買いまくるなら、

「発売当日にCDを買って、それをすぐお宝中古市場に売る」

という方法がおすすめです。

 

オタチューでは

発売日から1週間以内なら約70%で買取りしてくれることが多いです。

先行申し込み券などの初回特典がついているものは、

特典が使用済みなのか判断できないので、

買取価格は安くなると言われました。

 

それでも定価3240円で買って、買取価格は2400円でした。

 

そこまでしてもCD先行は落ちましたが笑

結局、一般発売の抽選で当てることができました。

残念ながら席はステージからめっちゃ遠かったです。

 

・絶対行ける人じゃないと同行者にしないほうがいい

チケットは電子チケットでした。

本人確認がとても厳しかったです。

 

チケットを申し込むときに、

申込者の顔写真を登録しておく方式でした。

 

同行者を1人だけ申し込めるのですが、

同行者にも、個人情報や顔写真を登録してもらわなければいけませんでした。

「当たるかもわかんないのに、なんか悪いな~」って感じでした。

 

さらに、

同行者がいけない場合は、

同行者を変更できるのですが、

 

同行者の変更回数は1回のみでした。

 

その次の同行者も行けなくなったら、

マッチング受付で譲るしかなくなります。

 

SUKIYAKIなどの分配できる方式の電子チケットと比べると、

とても厳しかったです。

 

・新幹線はえきねっとで早めに申し込めば30%引き

今回のライブは幕張メッセでした。

 

山形からだと交通費がかさみます。

 

新幹線代が高いのでえきねっとで早めに申し込んで節約をしました。

片道7000円台になるのでたいぶ安くなります。

 

ライブのように、

前もって乗る日が決まっているなら、

えきねっとで申し込むのが得です。

 

高速バスにプラス1000円くらいで済むなら、

新幹線の方がいいって思います。

 

・おすすめの宿泊先は船橋のカプセルホテル

宿泊先は船橋のカプセルホテルを予約しました。

船橋グランドサウナというところです。

 

土曜日なのに3000円台と安いし、

大浴場もあって、

非常に快適でした。

ただし男性限定です。

→詳しくはこちらの記事へ(サイト内の別ページへ)

 

・最後にひとこと

いいライブを観れました。

ずっと観てみたかったから夢が1つ叶いました。

東北でもライブしてくれないかなー。

2018年12月08日