ライブ・コンサートのときの新幹線は「えきねっとで30%引きで買う」のがお得

ライブやコンサートは、会場が遠方だと交通費がかさむ。チケット代だけでも高いのに…

私は山形県山形市に住んでいる。

・ライブ会場が東京の場合、

山形駅~東京駅は片道約10340円かかる。往復で約20680円だ。

 

新幹線を安く買う方法は金券ショップくらいしか思い浮かばなかったのだが、ライブによく行く彼女がいいことを教えてくれた。

 

「新幹線は早めにネットで予約すると安くなる」のだそうだ。

教えてもらったとおりにやると

30~35%引きになり、指定席で7370円で買えました。

めっちゃ安くて助かったので、その方法を記事にしてみます。

 

・えきねっとに登録する

JRの新幹線をネット上で予約するためのサイト「えきねっと」に登録をする。

※えきねっと(東日本)にリンクします。東日本以外の方はご自身でご検索下さい。

・申し込む日は乗る日の5週間前

乗る予定の5週間前の日に申し込むことができる。今日が2019年1月5日だとすると、2019年2月13日の分が申し込める。

難しかったら、えきねっとの「きっぷ予約」→「カレンダーから選ぶ」とすすむと、現段階で申し込める最早の乗車日がわかるので、こまめに確認しておくと間違えなくてすむ。


・往復の場合、片道ずつ合計2回申し込む。

行きと帰りの日が別の日の場合は、日をまたいで片道ずつ合計2回申し込むことになる。

申し込む日 1月5日  ⇔  行く予定の日 2月13日

申し込む日 1月6日  ⇔  帰る予定の日 2月14日


・クレジットカードでしか払えない

クレジットカードでしか払えない。申し込みだけネットでして、支払いはみどりの窓口でするなどはできない。


・発券の際、クレジットカードの暗証番号入力が必要

いつもクレジットカードで買い物をする際にサインで会計している人は、注意です!端末で発券する際にクレジットカードの暗証番号入力が必要。いつもサインで、暗証番号を忘れている人は、前もって他の買い物で暗証番号が合っているか試しておいた方が良い。

 

高速バスが山形駅~東京駅間6300円なので、そちらのほうが安いのですが、移動時間6時間かかるうえに、到着が早朝5時半くらいです。早朝にやってる店もないから、結局漫画喫茶などで1500円くらい払って時間をつぶすことも多い・・・それならえきねっとで新幹線安く乗った方が快適です。

申し込んだ後に、日付を変えることができないのがデメリットですが、ライブやコンサートが目的なら、新幹線乗る日は確定しているはずなので、ライブやコンサートで新幹線乗る人こそお得な方法です。

2019年01月06日